※質問文をクリックするとその解答が表示されます。
※明示していないものはハードウェアアプライアンス版・仮想アプライアンス版共通です。

製品に関するご質問

工場出荷時の内容物は以下の通りです。
品目(ハードウェアアプライアンス版) 数量
AXIOLE本体 1台
ラックマウントレール 1式
鍵(フロントベゼル用) 2ヶ
電源コード 1
スタートアップガイド 1冊
その他、保証書や保証・保守サービスご案内資料など 1
品目
(仮想アプライアンス版)
数量
AXIOLE OVAファイル・スタートアップガイド DVD メディア 1枚
その他、保証書や保証・保守サービスご案内資料など 1

製品マニュアルが付属していません。
製品マニュアルはAXIOLE本体にPDF形式で保存されています。管理WebUIにログインしてご覧ください。
その他、ハードウェアアプライアンス版では「スタートアップガイド」が同梱されています。
仮想アプライアンス版では「スタートアップガイド」はDVDメディアに保存されています。
AXIOLEの電源はサーバ用電源ですので、規制対象外となります。なお、AXIOLE に付属している電源ケーブルは、AXIOLE の専用品です。
他製品でAXIOLEの電源ケーブルを使用したり、逆に他製品の電源ケーブルをAXIOLEで使用することは故障の原因となりますので、絶対におやめください。
はい。ただし、標準で同梱している電源ケーブルは 100V 用です。200V 用の電源ケーブルは別途ご用意があります。詳細は、別途お問い合わせください。
ハードウェアアプライアンス版は、AXIOLE本体の背面に「XXX-XXXX-XXXX」のように書かれたシールが貼ってあります。
仮想アプライアンス版は、製品同梱の「保証書兼ライセンス証書」に記載されています。
いいえ。保証・保守サービスはユーザ登録をして頂いた方のみに提供しているサービスです。

ライセンスに関するご質問

AXIOLEに登録される全ユーザアカウント数です。
ライセンス数は、AXIOLEに登録される全ユーザアカウント数ですので、ご契約のライセンス数を超えてユーザアカウントを登録することはできません。
先に不要なアカウントを削除してから登録する必要があります。
ライセンス更新を行わないまま、ライセンス有効期限を過ぎてしまった場合、ユーザなどの追加/名前の変更やバックアップ/リストアなどの操作ができなくなります。
既存のアカウントを使用した認証機能には影響ありません。
はい。可能です。変更に際しての価格や手続きに関しましては販売代理店様か弊社営業担当までお問い合わせください。

システムに関するご質問

ハードウェアアプライアンス版は、AXIOLE2台での冗長化構成が可能です。仮想アプライアンス版は、VMwareHAをご利用ください。
いいえ。対応しておりません。
SNMP v1、v2に対応しています。ただし、SNMP SET および SNMP TRAP は使用できません。
ハードウェアアプライアンス版、およびクラウド版はNTPサーバを指定して時刻の同期を行うことができます。仮想アプライアンス版は仮想基盤の時刻と自動的に同期を行います。
Microsoft Azureクラウド上およびAmazon AWS EC2クラウド上です。
「利用可能なネットワークインタフェースの数と冗長構成機能を除いて全プラットフォーム共通です。
ただし、プラットフォーム毎にバンドルされるオプション機能は違います(有償・無償)
すべてのプラットフォームで同様に提供されます。ただし、ファームウエアの提供時期はプラットフォームにより違う場合があります。

認証機能に関するご質問

LDAP(v2/v3)、LDAPS(LDAP over SSL;v2/v3)、RADIUS(PAP、CHAP、MSCHAP)です。IEEE802.1X(EAP-TLS/EAP-TTLS/PEAP/EAP-MD5)による認証が利用可能です。
他の LDAP サーバ(Active Directory含む)と認証の連携をすることができます。AXIOLE上に作成したユーザ毎に、AXIOLE内部でパスワードを管理するか他のLDAPサーバ上のパスワードを利用して認証するかを選択できます。
LDAPおよびActive Directory上のユーザ情報と同期をとることが可能です。
また、オプション機能(有償)を利用することで、Google Workspace、および Azure Active Directory上のユーザ情報と同期をとることも可能です。

LDAP認証機能に関するご質問

いいえ。AXIOLEは、あらかじめ必要なディレクトリ構築してますので、容易に導入・運用管理が可能です。
LDAPスキーマオプションを併せてご利用頂くことで、任意のスキーマ定義をユーザ情報で使用できるようになります。AXIOLEが標準で使用しているスキーマ定義を編集することはできません。
管理者によるバインドとユーザ自身によるバインドに加えて、匿名ユーザ(anonymous)でのバインドが可能です。
はい。POSIXに対応していますので利用可能です。UNIX側で、LDAP認証を用いてログインするように設定してください。

RADIUS認証機能に関するご質問

はい。サポートしています。

認証連携に関するご質問

はい。Google Apps連携オプション(有償)にて提供しています。(旧G Suite)
はい。Active Directory(AD)連携機能にて標準提供しています。また、Azure AD連携オプション機能(有償)にて提供しています。

認証ポリシーに関するご質問

現バージョンでは、時間と場所によるポリシー設定が可能です。時間は認証クライアントから認証要求がきた日時によって認証可否の判定を行うものです。
場所は認証クライアントのIPアドレスによって認証可否の判定を行うものです。
はい。年月日によるカレンダー指定、時分による時刻指定、曜日による指定、祝祭日指定が可能です。祝祭日指定は管理者が自由に設定可能です。
はい。グループ毎に適用することが可能です。さらにアカウント毎に適用させることもできます。

運用操作に関するご質問

Webブラウザ上で、管理ページから停止・再起動を行うことが可能です。また、rsh(リモートシェル)、ssh(セキュアシェル)を利用して停止することも可能です。
UPS製品の自動シャットダウンソフトで、rsh(リモートシェル)、ssh(セキュアシェル)を利用して停止することは可能です
管理ページからPCのローカルディスクに基本設定を保存することができます。保存した設定ファイルはバイナリ形式になっているため設定内容を直接参照することはできません。
またユーザアカウントやポリシーに関する情報は、LDIF・CSV形式などで、エクスポートして保存することが可能です。
弊社製品サポートページよりダウンロード可能です。
ファームウェアのファイルを一旦、PCに保存してください。
そのPCから管理ページを開き、[システム]→[ファームウェア更新]のページでダウンロードしたファームウェアファイルを指定することでバージョンアップが可能です。
バージョンダウンはサポートしていません。詳細は、「ファームウェアの更新方法」をご確認ください。
ユーザアカウントのみ管理可能な管理者を複数設定することが可能です。

ユーザ用WebUI機能に関するご質問

AXIOLE では、ユーザ用 Web UI にアクセスすることにより、再発行されたパスワードをあらかじめ設定された各々のメールアドレスに、通知することが可能です。
はい。ユーザ用 Web UI にアクセスすることにより、ユーザ自身でメールアドレスを変更可能です。

その他、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。